ファイルを変更せずに透かし文字を印刷する方法

アウトプットウォーターマーク

ビジネス文書を作成するうえで電子ファイルを使わずに仕事をするということは、もはやないのではないでしょうか。

そんなビジネス文書には文書の背景に「至急」や「社外秘」「注意」などといった透かし文字を入れることも少なくありません。

その文章を多くの人に配布する場合もあります。そんな時には、社名やユーザー名、PC名などを表示することで無断転用、共有を防ぐ必要があります。

しかし、過去に作成した文書などや、PDFで保存しているものなど、後から透かし文字を設定することはファイル自体を変更する必要があり、その後の変更も良いではありません。

そんな時、ファイル自体は変更することなく、印刷時に指定した透かし文字を印刷できる方法、アウトプットウォーターマークをご紹介します。

ファイルに直接入れなくても印刷できるアウトプットウォーターマークとは

アウトプットウォーターマーク(OutPutWaterMark)とは、ファイルの更新、設定変更、プリンターの設定などはいらずに、プリントするものにウォーターマークを印刷するものです。

プリントアウトするものに「透かし文字」を入れる場合、ファイル自体を変更し透かし文字を入れることが多くあります。そして、それを簡単に入れる方法もネットで紹介されていますが、過去に作成したファイルの場合、更新することも難しい時があります。

そんな時に簡単にウォーターマークを付けて印刷することが出来るのがアウトプットウォーターマークです。

ファイルを変更せずにウォーターマークを設定

ウォーターマークを印刷するには、アウトプットウォーターマークの専用エージェントをインストールするだけです。

印刷内容はWebコンソールで設定することで、印刷時にユーザーは意識せずにウォーターマークを印刷することが可能です。

・ウォーターマーク印刷例

アウトプットウォーターマークの専用エージェントはPC起動と共に自動起動され常に表示され、ユーザーは通常の印刷処理をするだけ。

印刷物にウォーターマークが印刷される

ウォーターマーク印刷は 「.doc」、「.xlsx」、「.pdf」など多くのファイルに対応しています。

無償評価版で出来るウォーターマークを付けたいファイルをご確認ください。

関連記事一覧

関連記事はありません。